TOPICS
埼玉県
募集中

さいたまの魅力を暮らす人の視点で掘り起こす「CIRCULATION SAITAMA」参加者募集中!

多様な魅力が内在する“さいたま”の価値を生活者の視点で掘り起こしながら、日々の暮らしの中で活かすプロジェクトを提案し、市民活動への展開を目指すワークショップ、CIRCULATION SAITAMA(サーキュレーションさいたま)」が、この秋から始まります!

CIRCULATION SAITAMA」は、2020年春に開催予定のさいたま国際芸術祭2020Art Sightamaに先駆け展開されている、「さいたまスタディーズⅡ」の一環として行われるもの。

「さいたまスタディーズⅡ」とは、土地の理解を深めるため、地形、地質、植生、気象、歴史、文化など多方面からさいたま市を横断的、即地的に見渡すプログラム。「CIRCULATION SAITAMA」はその軸として、さいたま市内の様々なフィールドを舞台に、“地域らしさ”=文化的遺伝子を掘り起こし、斬新で持続可能な事業やプロジェクトを企画し、その実現に取り組んでいきます。

 

プロジェクトのディレクターを務めるのは、全国各地の地域プロジェクトやクリエイター向けワークショップの企画立案、ディレクションなど幅広く活動を行なっている、千十一編集室代表の影山裕樹さん。

影山裕樹(かげやま・ゆうき)/1982年、東京生まれ。編集者、文筆家、メディアコンサルタント。合同会社千十一編集室代表。アート、カルチャー書の出版プロデュース、ウェブや紙媒体の編集、執筆活動の他、近年は「CIRCULATION KYOTO」(2017)、「KOBE MEME」(2018-19)など全国各地の地域プロジェクトやクリエイター向けワークショップの企画立案、ディレクションなど幅広く活動を行なっている。一般社団法人地域デザイン学会参与。青山学院女子短期大学非常勤講師。


「どんな地域にも、テレビや新聞ではなかなか取り上げられない、ささやかな“地域らしさ”があると思います。しかしそれはマスメディア的、あるいは東京的な均一な視点によって覆い隠されてしまいます。そして地域に暮らす人こそが、そうした視点を内面化してしまいがちです。

だからこそ、さいたまの多様な魅力を、さいたまに暮らす人の視点で発信する事業やメディア、プロジェクトを生み出すことがいま、大切だと考えています。ぜひとも本ワークショップに参加して、未来のさいたまを一緒につくっていきましょう」/影山裕樹
(「CIRCULATION SAITAMA」ウェブサイトより)

 

今回のワークショップは、「モビリティ」「公共空間の活用」「ソーシャル・インクルージョン」という3つのテーマごとにチームに分かれ、ゲストによるレクチャーやワークショップを受けたり、フィールドワークを行ったりしながら、地域に根ざしたローカルプロジェクトを主体的に構想していきます。

>>>全5回のワークショップの詳細はウェブサイトでご確認を!

密度の濃いワーク&レクチャーは、本業にも役立つ実践力が身につきそう。現在、このワークショップ参加者を募集中です(〜8月23日まで)。気になる人は募集要項をチェックしてふるってご応募を!

 

【「CIRCULATION SAITAMA」ワークショップ概要】

○対象
・編集者、グラフィックデザイナー、UI/UXデザイナー、ライターなどクリエイティブ職に従事したり関心のある人。
・不動産業、建築事務所、NPOなどに所属し、まちづくりや空間づくりに日々関わっている人、または学んでいる人。
・プランナー、マネージャーなど、普段からプロジェクトの管理や事業計画の策定に携わっている人。

 

○募集人数
30名~40名程度(応募多数の場合書類選考あり)

 

○活動内容
ゲストによるレクチャーやワークショップ、参加者と共に行うフィールドワークに参加しながら、地域に根ざしたローカルプロジェクトを主体的に構想します。さらに、12月の公開プレゼンテーション以降は翌3月の最終発表までに、プロジェクト・パートナーのバックアップの元、プランを地域に実装するための具体的なアクションを行います。

 

○活動期間
2019年9月14日(土)~2020月3月
※さいたま国際芸術祭2020会期中(2020年3月14日〜5月17日)は各チームごとの活動の成果をパネル展示します。

 

○活動場所
旧大宮図書館(埼玉県さいたま市大宮区高鼻町2-1-1)、ほか

 

○参加費
無料(※講座実施会場および講座中の移動交通費は原則参加者負担になります)

 

○参加条件
「スケジュール」のうち、以下のすべての条件を満たす18歳以上の方
・ワークショップの第1回に参加できる
・ワークショップに合計4回以上(全5回のうち)参加できる
・公開プレゼンテーションへの参加が可能

 

《申込方法》
CIRCULATION SAITAMA」ウェブサイトの応募フォームに必要事項を記入し、8月23日(金)※23:59〆切 までにご応募ください。

 

INFORMATION

さいたま国際芸術祭2020 さいたまスタディーズⅡ
CIRCULATION SAITAMA(サーキュレーションさいたま)

 

活動時期:2019年9月14日(土)~2020年3月
※さいたま国際芸術祭2020会期中(2020年3月14日〜5月17日)は各チームごとの活動の成果をパネル展示します。

 

主催:さいたま国際芸術祭実行委員会
助成:平成31年度文化庁文化芸術創造拠点形成事業
企画制作:合同会社千十一編集室/LOCAL MEME Projects

 

プロジェクト・ディレクター:影山裕樹(千十一編集室)
アートディレクター:加藤賢策(LABORATORIES)
WEB:増本泰斗
制作アシスタント:関あゆみ
展示コーディネーター:藤井さゆり
プロデューサー:武田知也

 

協力:アーバンデザインセンター大宮、アーバンデザインセンターみその、OpenStreet株式会社、社会福祉法人さいたま市社会福祉事業団、埼玉高速鉄道株式会社、株式会社ココロマチ、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)

 

CIRCULATION SAITAMA」ウェブサイト:https://circulation-saitama.com/

 

問い合わせ:さいたま国際芸術祭実行委員会事務局(さいたま市スポーツ文化局文化部国際芸術祭開催準備室内)
TEL/048-829-1225 (受付時間 平日8:30~17:15)
FAX/048-829-1996
Mail/arts-festival@city.saitama.lg.jp

(更新日:2019.08.06)
LATEST ENTRIES

ARCHIVES

COLUMNS

RECOMMENDS

TAGS

INSTAGRAM