FEATURE
岩手で働きながら暮らしてみる! ワーク&ステイPROGRAM 「ワーホリ!いわて」
地域で働き、暮らし、人と関わりながら、リアルな生活が体験できる「岩手版・ワーキングホリデー」。岩手のひとが、ユニークな企業が、まちじゅうが、あなたとの出会いを心待ちにしている。
積極的に立ち止まる 大人のための学校
大人が仕事をしないで、自分の暮らしや仕事と向き合おうとするとき、「ニート」と呼ばれたり、「ぶらぶらしている」と言われたりする。日本には、積極的に立ち止まったり、能動的に迷うときの選択肢が、少ないのかもしれない。 社会のペースから少し外れて、自らの暮らしや将来、幸せについて考える時間を持つという考え方が根付いたら、日本はどんなふうに変わるだろう?
移り住んだ土地で今、思うこと。 10年目、私の巣づくり
別府に移り住んで10年目の宮川園さん。自ら選んだ未知の土地に根ざしてきた今、思うことは? そして、新しく仲間とはじめたプロジェクトの背景を見つめます。町と、人と、建物と、空間と、記憶と。園さんがこの町でつくり続けるものについて。
文化財から漆器、漆掻き職人まで。 いわての漆をめぐる旅
漆と漆器の一大産地、岩手県へ。暮らしの中に脈々と息づく漆文化を次の世代へと繋ぐ人・場所を訪ねました。
“都市のたたみ方”から考える ニューニュータウン
地方だけのものではなくなってきている、人口減少。今までは不動産仲介として物件を扱ってきた「東京R不動産」が、今度は縮小していく都市の中で、街そのものをつくるプロジェクト「ニューニュータウン」をスタートさせる。「プロジェクトをはじめるにあたって、会いに行きたい人がいる」。そう聞きつけて、街の風景を変えたセンパイたちに一緒に話を聞きに行った。
ゴロゥが行く! 『九州竹細工探訪記』
別府市在住・グラフィックデザイナー&イラストレーターで、竹細工職人修行中のゴロゥさんが、竹細工のある暮らしを目指して九州に旅に出た!〈この土地だからこそ生まれたもの〉という視点をテーマに綴られた旅絵日記をどうぞ。
徳島県・神山町 かみやまの娘たち
多様な人が住み・訪ねる、山あいの美しい町。ここに移り住んできた、還ってきた女性たち。彼女たちが出会う人・景色・言葉を辿りながら、めいめいの変化と、神山町で起きていることを追いかけていきます。
鳥取県西部エリア 私の、ケツダン
「決断」というと、ちょっと重い。何かを決める理由なんて、きっとひとつではないから。流れる日常の中で、ふとした気付きが連なって、もしかすると自分でも自覚していない体験が重なり合って、人は動くのかもしれない。常套句ではない、正直で小さな頷きたち。鳥取県西部に暮らす9名のそんな「ケツダン」を集めました。
LATEST ENTRIES

    ARCHIVES

    COLUMNS

    RECOMMENDS

    TAGS

    INSTAGRAM