FEATURE
想像しながら、生きていく。
多様性、ダイバーシティという言葉が街に溢れ、最近は、インクルージョン(包括・包含)という言葉も聞かれるようになった。複雑な色で成り立つ社会の中で、どのように個を大事にしながら共に生きていくのか?それを考え続けるために、「混ざって暮らす」道をつくる人たちに話を聞きに行く。
地域の本屋さんが選ぶ、手触りのあるもの
すべすべ、ざらざら、ふさふさ。

普段はあまり文章を書くことがない
本屋さんが紡ぐ、まっしろで
肌触りのある言葉たち。

小さなまちの本屋さんが選ぶ、
手触りのある3冊。
積極的に立ち止まる 大人のための学校
大人が仕事をしないで、自分の暮らしや仕事と向き合おうとするとき、「ニート」と呼ばれたり、「ぶらぶらしている」と言われたりする。日本には、積極的に立ち止まったり、能動的に迷うときの選択肢が、少ないのかもしれない。 社会のペースから少し外れて、自らの暮らしや将来、幸せについて考える時間を持つという考え方が根付いたら、日本はどんなふうに変わるだろう?
長野県佐久市が繋ぐ、地域医療のバトン 「自分の健康は、自分で守る」まち
今のところ、暮らす場所の条件として、“医療の充実”の優先順位は高くないかもしれない。でも「人生100年時代」といわれる今、できるだけ健康でいたいと思う人は多いはず。
喫茶店でドクターとおしゃべりする会、演劇による健康教育、病院のお祭り……。日常のすぐそばに“医療”がある、長野県佐久市に根付く、健康づくりの秘密を探る。
山形県・鶴岡市「やまのこ保育園」 問いながら、変わり続けるわたしたち
“いまを幸福に生きる人”、“地球に生きているという感受性を持った人”を保育目標にする、山形県・鶴岡市の「やまのこ保育園」。この場をともにするチームメイトの働き方、暮らし方、自分のこと、家族について。日々生まれては変化するそれぞれの問いと、今の答えを生きる姿とは?
徳島県・神山町 かみやまの娘たち
多様な人が住み・訪ねる、山あいの美しい町。ここに移り住んできた、還ってきた女性たち。彼女たちが出会う人・景色・言葉を辿りながら、めいめいの変化と、神山町で起きていることを追いかけていきます。
LATEST ENTRIES

    ARCHIVES

    COLUMNS

    RECOMMENDS

    TAGS

    INSTAGRAM