TOPICS
東京都
イベント

大森克己・ 角田純 展「写真、絵画、音楽」スタート

OmoriTsunoda-1

 

写真家の大森克己さん、画家の角田純さんの二人展「写真、絵画、音楽」が、6月14日(水)〜7月1日(土)まで、ギャラリー スタジオ35分にて開催されます。

現在、「#soundsandthings」と題し、iPhone で撮影した写真をインスタグラム上で発表している大森さん。角田さんは、近年文字にまつわるドローイングを発表していて、それをまとめた作品集『SOUND AND VISION』を今年出版しました。

 

©Katsumiomori

©Katsumiomori

imamusic omori5

IMG_6489a

以上5点、©Katsumi omori

以上5点、©Katsumi Omori

写真と絵画、“視覚表現者”であるふたりの作品タイトルに共通して入っている「SOUND/音」という言葉。それは、両作家が「SOUND/音」を意識し、もしくは影響のもと創作活動を行っていることを表しているのではないでしょうか。

 

JT35-1

JT35-2

以上3点、©Jun tsunoda

以上3点、©Jun Tsunoda

写真と絵画が即興的に混じり合い、反応しながら、構成される作品展。視覚から立ち上がる事象のひとつとして、どのような“音”を感じられるのか。ぜひ訪れてみてください。

 



PROFILE

大森克己
1963年、兵庫県生まれ。1994年キヤノン写真新世紀優秀賞受賞。国内外での写真展や写真集を通じて作品を発表。2013年グループ展「日本の新進作家vol.12 路上から世界を変えていく」(東京都写真美術館)に参加。2014年個展「sounds and things」、2015年「when the memory leaves you – sounds and things vol.2」(MEM)を開催。代表的な写真集に『サルサ・ガムテープ』(1998 リトルモア)、『incarnation』(2009 マッチアンドカンパニー)、『すべては初めて起こる』(2011 マッチアンドカンパニー)など。

 

角田純
1960年愛知県生まれ。多摩美術大学卒業後、「角田純一」名義で 1980年代から広告・出版業界でアートディレクターとして活動、グラフィックデザイナーとして高い評価を得る。2000年代半ば以降より、画家としての活動を開始し、ライフワークとして描いてきた絵画作品の他、水彩やコラージュ、シルクスクリーンなど、さまざま素材を使いながら、音楽的感覚が溢れる豊かな色彩 と描線を描き出す。2009年、作品集『Cave』をフォイルより刊行。主な個展に「Dust to Dust」(2016年、 CLEAR EDITION & GALLERY)、「When it’s short distance between the moon and Mars.」(2016 年、ギャラリートラックス)などがある。

 

INFORMATION

大森克己、角田純展 「写真、絵画、音楽」 
日程:6月14日(水)〜7月1日(土)
場所:スタジオ35分(東京都中野区上高田5-47-8 )
時間:18:00~23:00
定休日:日月火
http://35fn.com/

 

(更新日:2017.06.13)
LATEST ENTRIES

ARCHIVE

COLUMN

RECOMMEND

TAG

INSTAGRAM

地域で出会ったユニークなアニマルたち