ニュース

9/14(金)シソンヌ・じろう書籍「サムガールズ〜あの子が故郷に帰るとき〜」出版記念トークイベント開催!@山形ビエンナーレ

発売が8月24日と迫った、シソンヌ・じろうさんの“妄想”短編小説『サムガールズ 〜あの子が故郷に帰るとき〜』の出版を記念したイベントが決まってきています。

まずはこちら!

『雛形』でも紹介していますが、9月に開催される、山形の芸術祭「山形ビエンナーレ」に呼んでいただき、トークイベント&写真展を行います。

 

poster_ee-1-675x954@2x

 

“妄想”小説の、もとになる女性のポートレートを撮影してくれている志鎌康平さんは、山形在住の写真家。そしてこのビエンナーレの公式フォトグラファーでもあります。小説の中でも、山形に所縁のある“あの子”たちが出てきたりと、妄想の舞台としても重要な場所。

 

表紙の“あの子”は、山形県鶴岡市にある「湯野浜」にて撮影。

表紙の“あの子”は、山形県鶴岡市にある「湯野浜」にて撮影。

そんな土地、山形で開催される芸術祭の連動して行うトークイベントでは、今回が初顔合わせとなるじろうさんと志鎌康平さんが、写真と小説の往復書簡的コラボレーションとなった作品の制作の裏側について、また、それぞれの上京/故郷について語り合っていただきます。

なお、イベント当日までに書籍「サムガールズ あの子が故郷に帰るとき」(8月24日発売)をご購入いただき、ご持参された方を対象にサイン会を行ないます! 会場でも販売いたしますので、ぜひ書籍をもってご参加ください!
書籍に掲載されたポートレートを展示する写真展も同時に開催しているので、そちらもあわせてお楽しみください。

 

参加は事前申し込み制です。気持ちの良い秋の山形、魅力的なプログラムがたくさん行われる芸術祭と合わせて楽しめるこの機会をぜひお見逃しなく!

 

(更新日:2018.08.08)
ニュース ー 考える。暮らし、

最新の記事

特集

ある視点