TOPICS
山形県
ニュース

大江町まちなか交流館 ATERA 1Fが「山形のハンバーグ ノカタチ食堂」としてリニューアル!@山形県大江町

山形県大江町左沢(あてらざわ)地区は、かつて舟運の川港として栄え、人と文化をつなぐハブ機能を担った町。「重要文化的景観の町」に選定されたこの町の中心に、2018年5月、銀行跡をリノベーションしてオープンした「大江町まちなか交流館 ATERA」。

1階は、食事やお茶が楽しめるカフェ&ダイニングと、展示やPOP-UPショップなどに活用できるギャラリースペース。2階は、誰でも利用できるラウンジと、セミナーやワークショップができるレンタルホールがあり、地元の人が集う新たな町の交流スポットとなっています。

ATERAが誕生してからちょうど1年が経過した先月、1Fのカフェダイニングスペースがリニューアルし、山形のハンバーグ ノカタチ食堂として生まれ変わりました!
なにやら食欲をそそるネーミングです!


「単なる食事だけでなく、心が踊るような生活の時間をつくりたい」と話すのは、ノカタチ食堂を立ち上げた二戸勝也さん。意外にも建築業界出身なのだそう。地域にとってどのような存在になれるのか……と自問しながら、食堂という場を介して大江町の町づくりに参加しています。

「建築をやっていた頃から家族の在り方をずっと考えていました。そんな僕が、いつのまにか里の暮らしが残る山形の小さな町に引っ越して、今は料理をやっています。家族の“いただきます”をつくりたい。ノカタチはそんな想いの食堂です」。


食堂のメインメニューは店名の通り、こだわりのハンバーグ!そして、旬の地場野菜です。

ハンバーグといえば、子どもも大人も関係なく、気取らず無邪気に食べられる料理のひとつ。豚肉、牛すじ、鳥の首肉、スパイス、ハーブ、玉ネギ、セロリetc. 様々な食材を細かく食べやすくして、こねてふっくらとまとめる。そして、じっくり焼いたハンバーグをひと切れ口にした瞬間、あらゆる食感と風味が口の中でじゅわっと広がって……。そんなハンバーグのように、ノカタチ食堂も「人・もの・こと」の出会いがぎゅっと凝縮された、魅力の詰まった場所になりそうです。

看板メニューのハンバーグは税込1180円から。

しらかわのチーズケーキセット(ドリンク付きで税込780円)。


営業は、ランチ「ごはんノカタチ」、ティータイム「おやつノカタチ」、ディナー「よるノカタチ」の3部構成。ディナーは完全予約制で、「こんな風に演出したい」「特別なひとときにしたい」といった相談も大歓迎なのだとか。

「年齢も性別も住所も立場も関係なく、様々な人たちの交歓の場であってほしいと」という二戸さん。お酒を交えて、おしゃべりが弾んで、時には音楽や踊りがあって……そんな場にふさわしい料理を提供できるよう、日々新たなメニューを考えているそうです。

思い思いの楽しみ方で、おいしい食事と楽しい時間を共有できる食堂です。

INFORMATION

山形のハンバーグ ノカタチ食堂



住所/山形県大江町左沢435 大江町まちなか交流館ATERA1F Kitchen
営業時間/11:3014:00(ごはんノカタチ)、14:0017:00(おやつノカタチ)、18:0022:00(よるノカタチ) ※よるノカタチは完全予約制
定休日/水曜
HP/ https://www.nokatachi.info/

問い合わせ/TEL 0237-84-7771 Email yoyaku@nokatachi.info

(更新日:2019.06.20)
LATEST ENTRIES

ARCHIVES

COLUMNS

RECOMMENDS

TAGS

INSTAGRAM