ニュース

地域医療・福祉を体感できる「お試し留学ツアーin海士町」開催!《参加者募集中》

いま地域での暮らしを考えるなかで注目を集めている「医療」「福祉」といった社会課題。なかでも少子高齢化、過疎化が進む離島や中山間地域では、新たな担い手や仕組みづくりが求められています。

こうした地域と、将来医療・福祉の道を志す人々をつなぐ「福祉留学」(運営:NPO法人Ubdobe)が、2020年3月6日(金)〜8日(日)に「お試し留学ツアーin海士町」を開催。なんと、応募者の中から選考を勝ち抜いた10名が無料で招待されます!

応募フォームはこちら

島根県の北方、日本海に浮かぶ隠岐諸島にある海士町(あまちょう)は、人口約2300人の小さなまち。豊かな海に囲まれた圧倒的な自然環境はもちろん、移住者や関係人口が多く、まちづくりの先進地域としても知られています。

今回のお試し留学ツアーは、昨年11月に行われた第1回目の好評を得て、企画・実現されたもの。一般的な移住体験ツアーではなかなか見ることができない、地域の福祉施設の見学や、施設で働く方々のリアルな声を聞くことができます。

また、地元の人たちと参加者が入り混じり、海士町の食材を使ったおいしい食事を囲みながらにぎやかに交流・情報交換できるのもこのツアーの大きな魅力の一つです。

ツアーの参加条件は、
・医療や福祉を勉強中、もしくは従事している方
・移住に興味がある、移住したい方

上記に当てはまる方は、ぜひ早めに【応募フォーム】からお申し込みを!

※応募〆切:2020年2月24日(祝・月)
※申し込みの上、選考を勝ち抜いた10名が参加できます
※首都圏近郊以外の場所から参加する方は、交通費の差額が発生する場合があります。事前にご相談ください
※ 現地での食費は自己負担です

人気移住地である海士町の魅力を、医療・福祉という観点から学べるオリジナルツアーに注目です。

(更新日:2020.02.14)
ニュース ー 考える。暮らし、

最新の記事

特集

ある視点