ニュース

センパイ移住者に本音を“聴く”!兵庫県豊岡市を巡るツアー「TOYOOCOME!ヒアリングジャーニー」の説明会、東京と京都で開催!

今年スタートした、兵庫県豊岡市の移住戦略プロジェクト「TOYOOCOME!(トヨオカム)」が、センパイ移住者から生の声を聴きながら、豊岡のまちを巡る2泊3日のツアー「ヒアリングジャーニー」を、9月・10月に開催します。

Processed with VSCOcam with g3 preset

兵庫県北部に位置する豊岡市。50年以上にわたり、日本で一度絶滅したコウノトリをもう一度自然に帰す取り組みを続け、現在では、のどかな田園風景の中をたくましく羽ばたくコウノトリに出会うことができます。
また、豊岡市は千年の歴史を誇るかばんの産地。かばんの自動販売機がある「カバンストリート」や鞄職人の育成する「Toyooka Kaban Artisan School」など、伝統産業を生かしたまちづくりにも注目が集まっています。

そんな多様な文化や自然環境のある豊岡市では、インタビューやワークショップ、データ分析を通じて、これから移住してくる人たちとの豊かな関係づくりを目指す移住戦略プロジェクト「TOYOOCOME!」が進行中。豊岡で暮らす人の内側の目線と、メディアなどの外からの目線も交えて、豊岡の魅力を再発見しながら進めていく移住定住促進に取り組んでいます。

 

Processed with VSCOcam with g3 preset

豊岡で暮らす高校生から70代の方、地域プロデューサー、ローカルライフマガジン「コロカル」編集部さん、豊岡で起業している多世代の方、そして中貝宗治市長など、総勢約80名が集まった、豊岡のコアな魅力を再発見するワークショップには、「雛形」編集部も参加させていただきました。

8月8日(土)に豊岡市で開催された「コア価値発見ワークショップ」に「雛形」編集部も参加。豊岡で暮らす高校生、起業家、地域プロデューサー、またローカルライフマガジン「コロカル」編集部さんなど、総勢約80名が集結し、新な魅力や視点を共有しました。

「TOYOOCOME!」の目玉のひとつが、センパイ移住者から本音を聞くツアー「ヒアリングジャーニー」。豊岡市のまちを巡り、センパイ移住者の生の声をじっくり聴くことで、移住のリアルを知り尽くすができる2泊3日のプログラムです。

なぜ豊岡市への移住を決意したのか?どんな仕事をしているのか?正直なお金事情は?地域の人間関係は?そして、将来の展望は?など、普段はなかなか知ることのできない移住者の実情をきき、疑問や不安を解消することで、新しい暮らしの選択肢として、移住への一歩を踏み出してみませんか?

Processed with VSCOcam with g3 preset

「ヒアリングジャーニー」の詳しい内容が分かる説明会が、東京・京都の2つの会場で開催されます。当日は、豊岡市に移住して起業した人、地域おこし協力隊となって自然と共にある暮らしを伝えようとしている人など、センパイ移住者がゲストとして登場。“人”との出会いがきっかけになることが多い、移住。地域で働くこと、暮らすことに興味のある方、また豊岡市の魅力をもっと知りたい方は、この機会をお見逃しなく!

(更新日:2015.08.10)
ニュース ー 考える。暮らし、

最新の記事

特集

ある視点