ニュース

9月4日(金)、移住者の本音をきける兵庫県豊岡市のツアー「ヒアリングジャーニー」京都説明会、残席わずか!

温泉、アート、伝統産業など、兵庫県豊岡市の土地に根付く文化を巡りながら、センパイ移住者から生の声を聴く2泊3日のツアー「TOYOOCOME!ヒアリングジャーニー」の説明会が、9月4日(金)に京都で開催されます。

Processed with VSCOcam with g3 preset

兵庫県北部に位置する豊岡市。50年以上にわたり、日本で一度絶滅したコウノトリをもう一度自然に帰す取り組みを続け、現在では、のどかな田園風景の中をたくましく羽ばたくコウノトリに出会うことができます。

なぜ移住を決意したのか?
どうやって地域で仕事をつくっているのか?
家賃、生活費など、実際のお金事情は?
地域の人間関係は?などなど、
9月中旬から下旬にかけて開催されるツアー「ヒアリングジャーニー」では、普段はなかなか知ることのできない移住者の実情を聴きながら、豊岡のまちを巡ります。

IMG_0594

8月28日(金)東京で行われた説明会の様子。本音あり、笑いありのトークとツアー説明は、盛況のうちに幕を閉じました。

9月4日(金)に開催される「ヒアリングジャーニー」京都説明会では、内容紹介だけではなく、センパイ移住者3名がゲストに登場。ツアー参加が決まっていなくても、気軽に参加OKです。

豊岡市に興味はある方はもちろん、伝統産業・アート・自然を生かした地域活性に興味のある方、移住に疑問や不安がある方など、地域に関わる一歩を踏み出してみませんか?

>>「TOYOOCOME!ヒアリングジャーニー」の詳細記事はこちらから

<京都説明会に登場する、ゲスト移住者>

Processed with VSCOcam with g3 preset

29歳の時、豊岡市で起業した林健太さん。豊岡のカバン産業に観光ツールとして商機を見い出し、カバン職人の専門学校「Toyooka Kaban Artisan School」を立ち上げた人。大阪出身、移住歴3年。独自の痛快な移住論は必聴。

33歳で東京の大手企業を退職し、移住して20年の高宮浩之さん。現在は、城崎温泉の旅館「山本屋」の経営だけでなく、地ビールレストランを運営するなど、幅広く活躍。地域の雇用形態が今後どうあるべきかなど、外と内の視点を持った鋭い知見を持つ。

33歳で東京の大手企業を退職し、移住して20年の高宮浩之さん。現在は、城崎温泉の旅館「山本屋」の経営だけでなく、地ビールレストランを運営するなど、幅広く活躍。地域の雇用形態が今後どうあるべきかなど、外と内の視点を兼ね備えた鋭い知見を持つ。

【画像未着】アートが地域の文化を豊かにする可能性を探るために、20代で豊岡市へIターンを決意した橋本麻希さん。現在は、世界有数のアートインレジデンス「城崎国際アートセンター」で活躍中。

アートが地域の文化を豊かにする可能性を探るために、20代で豊岡市へIターンを決意した橋本麻希さん。現在は、世界有数のアーティスト・イン・レジデンス「城崎国際アートセンター」で、アートコーディネーターとして活躍中。

 

(更新日:2015.09.02)
ニュース ー 考える。暮らし、

最新の記事

特集

ある視点