ニュース

原宿に4日限りの美術館が誕生。「MUSUBU SHIGA 空想 MUSEUM」が開催中!

graf代表・デザイナーの服部滋樹をブランディングディレクターに、滋賀県の魅力をデザイナーやアーティストとともに発信する「湖と、陸と、人々と。MUSUBU SHIGA」プロジェクト。彼らが、成安造形大学【キャンパスが美術館】と協力し、原宿のイベントスペースVACANTに4日限りの企画展「MUSUBU SHIGA 空想 MUSEUM」をつくり出しました。

「MUSUBU SHIGA 空想 MUSEUM」ではMUSUBU SHIGAのこれまで光を当ててきた滋賀のリサーチアーカイブや、琵琶湖の淡水真珠「ビワパール」を使って滋賀の職人さんが開発したプロダクトなどを展示。

IMG_0082

IMG_3879

151028_0508_824

IMG_0934

さらに、本展にあわせて、限定の空想MUSEUM SHOPが登場! 滋賀の魅力がのつまったグローサリーや雑貨たちが並びます。また、本展限定の商品たちの販売も。

_D0A9566

 

期間中は各分野で活躍するクリエイターをゲストに招き、トークイベントも開催。明日、2月13日にはプレイマウンテンを運営するランドスケーププロダクツの中原慎一郎さんと、様々なジャンルで活躍される方のお話を伺います。リサーチャーのみなさんが見つめる滋賀の魅力とはどのようなものなのでしょう。

東京で滋賀の魅力を再発見する空間。滋賀に興味のある方はもちろん、地方でのモノづくりをしたいという方にもヒントの多いイベントになっています。旅行に出かけるようの気持ちで、足を運んでみてはいかがでしょうか?

_D0A0013

 

 

(更新日:2016.02.12)
ニュース ー 考える。暮らし、

最新の記事

特集

ある視点