特集

  • 心と体で見えないものを「さわって、探る」想像力を。医師・稲葉俊郎さんインタビュー
    心も体も大事。食べるものも休息も大事。頭で分かっていても、自分では止めることのできなかった早すぎた歩み。それを目に見えない脅威により止められ、思い知らされたのは、私たちがいかに“視覚”や“頭”に依存してきたかということでした。置き去りにしてきた自分の体と、どうやったらうまくつきあえるのか。目にみえない体の世界を探ります。

特集

ある視点