ニュース

最先端のコミュニケーション・環境教育が親子で体験できる! 兵庫県・豊岡市主催・2泊3日のサマースクール「教育体験ジャーニー」(無料)参加者募集スタート!

???????????0 725ol文字あり

兵庫県北部に位置する豊岡市。「小さな世界都市」を目指すこの地は、子育てに理想的な自然環境だけでなく、よりよい教育を受けられる施策が充実しています。

「雛形」でも3回にわたり、豊岡市の環境教育コミュニケーション教育地域教育についてご紹介してきました。

そんな豊岡市の最先端の教育や、豊かな自然環境を親子で体験できる2泊3日のサマースクール「飛んでるローカル豊岡 教育体験ジャーニーが、8月24日(水)〜26 日(金)に開催が決定! 参加者募集がはじまりました。

tanbo141019-6

 

最先端の演劇教育を体験!

日本ではまだまだ聞きなれない、演劇的手法を用いた「コミュニケーション教育」。場面設定やセリフを考えミッションをクリアするなど、演劇的手法を取り入れた授業のことで、一定時間に話し合いをしてアウトプットしたり、自分の役割を果たしたり、誰に何を伝えるかを意識する、「合意形成能力」を楽しみながら身につけることができるのです。

この「コミュニケーション教育」の授業を、2017年度から市内すべての小中学校で実施する豊岡市。「飛んでるローカル豊岡 教育体験ジャーニー」では、実際にコミュニケーション教育の授業(1日目)を受けられるだけでなく、このプロジェクトの中心人物で、豊岡市の芸術文化参与を務めている劇作家・平田オリザさんによる 授業も受けられます!(2日目)

Processed with VSCOcam with a6 preset

平田オリザさん/1962年東京生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。劇作家・演出家・青年団主宰。こまばアゴラ劇場芸術総監督・城崎国際アートセンター芸術監督。

学びの舞台は、豊かな大地

一度絶滅したコウノトリの野生復帰を、多様な生き物が生息する環境をつくることで実現した豊岡市は、子どもに対する環境教育への取り組みも熱心。豊岡ならではの豊かな地形を利用して、川・野山・田んぼを舞台に自然を学ぶ機会を積極的に設けています。

その中のひとつが、豊岡の豊かな自然のなかで開催される「田んぼの学校」。地域の身近な自然を舞台に、子どもたちが植物や生き物などに触れるイベントで、「田んぼ」と冠しているものの内容は多岐にわたります。

「飛んでるローカル豊岡 教育体験ジャーニー」では、実際に湿地や川に入って生き物や自然について学ぶことのできる「田んぼの学校」も親子で体験することができます。(2日目)

P5160333

そのほかにも、無理なく楽しく身体を動かすことにより脳を活性化させ、心の成長を促していくプログラム「運動遊び」(2日目)や、豊かな環境が育む食材をつかった夕食、地元の子育て家族との交流時間など、教育(子育て環境)を目的に移住を検討している人にとっては、充実した3日間になるはず。ご興味のある方は早めのお申込みを!


移住定住プロモーション動画「飛んでるローカル豊岡 ~Think Local,That’s Global~」

(更新日:2016.07.26)
ニュース ー 考える。暮らし、

最新の記事

特集

ある視点