ニュース

宇都宮を知って、味わって、つながるトークイベント、「うつのみやらしく」が開催されます!

utsunomiya-02

 

その土地らしさ、自分らしさ。
日々の生活にあたり前にあるけれど、いざ言葉にするとなかなかむずかしいもの。でも、きっと、どんな土地にも人にも、きちんとあるもの。

東京から新幹線で50分の栃木県宇都宮市。この街らしさってどこにあるんだろう?街のまわりには田畑や果樹園が多く、日光、那須、益子の街とも近く、自然や街、人など、さまざまなつながりが生まれている土地。

雛形では、そんな宇都宮を拠点に、“自分の居場所”を生み出し、街と人をつなげながら活動する方々を取材してきました。そこで出会った人を招き、宇都宮の街から広がる暮らしのおもしろさを読者のみなさんに伝える場として、11月23日(水・祝)に、イベント「うつのみやらしく」@Bird代官山を開催します。

 

クラフトビールのお店「Blue Magic」の店長であり醸造家・中尾真仁さん。果実酒とウイスキーの「BAR fleur-de-lis」(バー フルールドゥリス)を営むバーテンダー原百合子さん。シェアハウス「カマガワリビング」の住人でありながら3拠点生活を送る、平田唯さん。

それぞれの暮らしや仕事を通して、“もうひとつの場所”へとつなげていく。そんな風に、この街を“もうひとつの自分の場所”=「ダブルプレイス」が生まれる場所として活かし、楽しんでいる人たち。

当日は、この3人と話しながら、原さんの旬の果実を使ったカクテル(ノンアルコールもあります)の他、中尾さんの限定クラフトビール「涼風(すずかぜ)」をふるまいます。また会場の「Bird」とコラボレーションした宇都宮の旬の食材を使ったサンドウィッチも用意!

このイベントは、みなさんの活動場所の一つとして、“宇都宮”を考えていただけるような内容になっています。

宇都宮を知っている人も知らない人も一緒に、「うつのみやらしさ」を味わい、語り合いながら楽しみましょう。みなさんのお越しをお待ちしております!

 


 

<ゲスト>

unnamed

中尾真仁さん/醸造家、「BLUE MAGIC」店長
なかお・まさひと/1988年、栃木県生まれ。日本工業大学卒。栃木市の酒蔵「飯沼銘醸」で働き、2012年4月に宇都宮ブルワリーに入り、ビール醸造を学ぶ。8月にビール醸造場とビアバル「BLUE MAGIC」をオープン。日本各地で開催されるクラフトビールを主に数々のイベントに出展してネットワークを築き宇都宮と人を繋げながら、「BLUE MAGIC」ではワークショップなどを開催。近隣のお店とのコラボレーション企画など面白いイベントを開催している。

 

u_347

原百合子さん/バーテンダー、「BAR fleur-de-lis」(バー フルールドゥリス)店主、「栃木果実研究所」代表
はら・ゆりこ/1982年栃木県生まれ。宇都宮大学教育学部卒業後、会社員を務めた後2005年「夢酒OGAWAパイプのけむり」でバーテンダーとして働き始める。2006年にNAB関東ジュニアバーテンダー大会で銅賞受賞。2012年に独立して「BAR fleur-de-lis」をオープン。バーから栃木果樹園やその他魅力的な作り手の情報を常に発信している。

 

%e5%ae%87%e9%83%bd%e5%ae%ae3%ef%bc%bf%e5%b9%b3%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93

平田唯さん/会社員、カマガワリビング週末在住
ひらた・ゆい/1982年、東京都生まれ。現在外資企業で東京勤務。千葉市在住。2012年から中心になって料理をふるまう「ひらたばー。」を名古屋、大阪、倉敷、東京、千葉、宇都宮で開催。2016年6月から宇都宮市のシェアハウス「カマガワリビング」に週末のみ居住。宇都宮市で数々のイベントを開催している。

 

(更新日:2016.11.09)
ニュース ー 考える。暮らし、

最新の記事

特集

ある視点