TOPICS
群馬県
イベント

土地の記憶を探るフィールドワーク&トークイベント開催!@群馬県・中之条ビエンナーレ

IslBG

美しい山村の風景が今も残る群馬県・中之条町で開催中の「中之条ビエンナーレ」。2007年の初回から、“地域とアートが共存するということ”を大切に続けてきました。

海外の作家も含めた多くの参加作家と地域住民とが交流をしながら作り上げてきた芸術祭。第6回目となる今回も、様々な人の視点を通して、自然や温泉などの観光スポットだけでなく人々の暮らしに根ざした祭りや習慣などの見えづらい部分にも焦点を当て、受け継がれた美しい文化を伝えています。

FH000029

町内各所で総勢160組を超えるアーティストによるアート展示、演劇、身体表現などのパフォーマンス、ワークショップ、マルシェなど開催している中で、見逃せないのが10月6日(金)に開催されるフィールドワーク「山伏と巡る“嵩山三十三観音”」と、トークイベント「坂本大三郎/土地の記憶を語る」です。雛形でもコラム連載中の山形を拠点に活動している山伏・坂本大三郎さんを迎えた、ビエンナーレの特別企画。

また、中之条町は大三郎さんと同じく山形を拠点に活動するデザインチーム「akaoni」の主宰であり、大三郎さんの友人の小板橋基希さんの生まれ故郷。そのつながりから、今回のツアー&イベントには小板橋さんも参加します。

中之条町にある霊山嵩山(たけやま)でのフィールドワークと、大三郎さんがこれまでの旅のなかで出会ったモノや学んだ技術触れてきた信仰や地域文化の話を語るトークイベントを通して、土地のもつ記憶を探る1日。ぜひご参加ください!

05

INFORMATION

PF_Daizaburo_unnamed

 

トークイベント|坂本大三郎/土地の記憶を語る
日程:10月6日(金)18:00~
会場:つむじホール
参加費:無料
メインスピーカー:坂本大三郎
ゲスト:山口通喜(中之条町歴史と民俗の博物館ミュゼ館長)/齋木三男(石彫作家)
司会進行:小板橋基希(デザイナー/akaoni主宰)

 

 

フィールドワーク|山伏と巡る嵩山三十三観音
参加費: 200円
最少催行人数:8人
旅行費用は保険料の実費です当日集合時にお支払いいただきます
しっかりした登山のため小学生以下11歳以下の方のご参加はできません

お申し込みはこちらからどうぞ!

(更新日:2017.10.02)
LATEST ENTRIES

ARCHIVE

COLUMN

RECOMMEND

TAG

INSTAGRAM

地域で出会ったユニークなアニマルたち