ニュース

大自然と充実の子育て環境を家族で体験できる! 秋田県・鹿角市の2泊3日移住体験ツアー、モニター参加者募集中!

スクリーンショット 2018-06-05 15.50.08

秋田名物・きりたんぽ発祥の地とも言われる秋田県鹿角市(かづのし)は、青森、岩手に接する北東北のほぼ中央にある人口約3万1千人の街。十和田八幡平国立公園をはじめとする雄大な自然が広がり、ユネスコの無形文化遺産や800年の歴史を持つ温泉など、東北ならではの風景や文化が楽しめる土地として知られています。

風土のすばらしさに加え、“待機児童ゼロ”という子育てにも適した環境や、移住者への手厚いサポート体制が注目を集め、鹿角市にはここ数年都市部から移り住む人が増えつつあります。

その鹿角市に2泊3日でお試し移住体験ができるツアー、「チルチンびと 移住体験ツアー in 秋田県鹿角市」(参加費無料)が、7月14日(土)、15日(日)、16日(月・祝)に実施されます! この企画は、鹿角市と住宅雑誌『チルチンびと』(風土社)のコラボレーションによるもので、ツアーの様子は後日同誌に掲載されます。

「子育て環境が充実 大湯・十和田コース」「大自然を満喫する 八幡平コース」の2コースがあり、現在各ツアーのモニター参加者となる家族を募集中です!(※単身での応募は不可。抽選で1コースにつき1組の家族が選ばれます)
それぞれのコースの概要は下記の通り。

スクリーンショット 2018-06-05 15.37.07

大自然の中でのアウトドアや地元農家の訪問・収穫体験、温泉など、現地の暮らしを体感できるアクティビティはもちろん、移住を考える上で重要な物件や保育園の見学も含まれています。さらに、ツアー中は実際に鹿角市へ移住した経験者が“移住コンシェルジュ”として同行するので、生活、仕事、子育てについてのリアルな話を聞くことができそうです。

P1050377

大湯保育園

今後、家族で移住を検討している人は、この機会に鹿角市も候補のひとつとしてチェックしてみてはいかがでしょうか。ツアーの応募締め切りは6月24日(日)まで。ツアーの詳細や応募条件などは、こちらのページからご確認ください。

(更新日:2018.06.07)
ニュース ー 考える。暮らし、

最新の記事

特集

ある視点