ニュース

生活工芸に触れる、三谷龍二さんのお店「10㎝」

人の暮らしを豊かにするモノの在り方について考え、そこから未来へ生きるヒントを探していく。そんなテーマをもった限定ショップ「モノトヒト」。金沢のものづくりはもちろん、全国の「生活工芸品」が集まる空間です。こちらのショップ内“90days shop”という、全国のお店やギャラリーが3ヶ月限定でお店を開くスペースにて、三谷龍二さんのお店「10㎝」が、6月28日(日)までオープン中!

三谷龍二「10㎝」

三谷さんの工房がある長野も、金沢と同じように工芸が盛んな街。もともと繋がりがある中で、さらに金沢の地で5年ほど前に三谷さんがアドバイザーとして入り、工芸をもっと自分たちの生活に近いものとして接していく“生活工芸プロジェクト”をスタート。その流れで生まれた空間のひとつがこの「モノトヒト」という、とても縁深い場所なのです。

ショップのディレクターである辻和美さんも、「三谷さんおかえりなさい!あれから、私はずーっと考えています。いろいろな答えを出しては消して、闇の中で彷徨っているいるようです。ただ私のそばには、作るという行為があり、それに救われてきた気がします。闇の中だからこそ気付けたコト、ゆっくりお話ししたいです。5年分のあれこれを」(一部抜粋)と話すように、ファンにはもちろん関わる人たちにとっても待望の展示となっています。

会期中は、モノの販売や期間限定の展示のほかにもトークイベントなどがあり、何度訪れても楽しめる内容に。暮らす人々に寄りそう生活工芸品を手に取り、その魅力を感じに行ってみてください!

三谷龍二「10㎝」

(更新日:2015.05.08)
ニュース ー 考える。暮らし、

最新の記事

特集

ある視点