ニュース

平田オリザさんが指導する「コミュニケーション教育」ワークショップ、東京で開催。12月21日(金)22日(土)、参加者募集中!

兵庫県豊岡市が実践するユニークな授業「コミュニケーション教育」。これは、劇作家・平田オリザさんの指導のもと、演劇的手法を取り入れ、子どもたちが自分たちで考え、脚本をつくったり、お芝居を演じたりと、楽しみながらコミュニケーション能力を身につけられるよう試みている授業。『雛形』でも過去にその様子をお伝えしてきました。

取材記事:「子どもの新たな可能性を引き出す、演劇を用いたコミュニケーション教育」

劇作家・平田オリザさん。来年、ご自身も、劇団「青年団」も豊岡市に移住することになった。

取材記事:【平田オリザさん、兵庫県豊岡市・移住計画】「演劇」はまちの在り方を変えていく。(前半)」。

そんな豊岡市の「コミュニケーション教育」を体験できる「子どもワークショップ」が、12月21日(金)、22日(土)の2日間、東京・千代田区のアーツ千代田3331で開催されます!

1日目は劇作家の平田オリザさん、2日目は豊岡市で実際にコミュニケーション教育を手がけているNPO法人PAVLICの田野邦彦さんが講師となり、小学3〜6年生の子どもたちに向けた演劇ワークショップをはじめ、お子さんのご家族、見学者向けに、豊岡市の教育・文化施策等についてのトークなどが行われます。

《1日目》
日時:20181221日(金)19002055
講師:平田 オリザさん(劇作家)、わたなべ なおこさん(NPO法人PAVLIC

1830 開場・受付開始
19001915  コミュニケーション教育について
19152040 演劇ワークショップ
20402055 豊岡市の教育について
2055 ワークショップ終了

《2日目》
日時:20181222日(土)10301230
講師: 田野邦彦さん(NPO法人PAVLIC)、わたなべ なおこさん(NPO法人PAVLIC

1000 開場・受付開始
10301215 演劇ワークショップ
12151230 豊岡市の教育について
1230 ワークショップ終了

参加申込方法:WEBサイト『飛んでるローカル豊岡』のイベントエントリーフォーム、募集チラシを利用してFAX、メール(toyoocome@city.toyooka.lg.jp)のいずれかでお申し込みください。

応募締め切り:12月14日(金)17:00まで

豊岡市内の小学校で行われている、「コミュニケーション教育」の授業風景。

世界中の人、もの、情報が行き交う今、相手の話を聞き、理解し、自分の意見を伝えるというコミュニケーションの重要性は高まるばかり。演劇の手法を使った授業は日本以外の先進国ではすでに取り入れている国が多いそう。

最先端の授業を体験できるこの機会をお見逃しなく。

(更新日:2018.12.06)
ニュース ー 考える。暮らし、

最新の記事

特集

ある視点