ニュース

「瀬戸内国際芸術祭2019」がいよいよ開幕! 春会期は4月26日(金)〜5月26日(日)

(瀬戸内海風景) Photo:Osamu Nakamura

今年で4回目を迎える「瀬戸内国際芸術祭2019」が、4月26日(金)からいよいよ開幕します!

“瀬戸芸(せとげい)”の通称で親しまれるこの芸術祭は、3年に一度、瀬戸内海に浮かぶ12の島々と2つの港を舞台に繰り広げられる現代アートの祭典。春、夏、秋の3シーズンにわたり、様々な作品の展示やパフォーマンス、プロジェクト、イベントなどが展開されます。

2010年のスタート以来、『海の復権』をテーマに掲げ、舞台となるそれぞれの島に根づいた生活の営みや文化、歴史、自然、建物といった地域資源を生かし、現代アートを通して島の価値や魅力にあらためて光をあてるとともに、島の人々と観光客の交流が生まれる芸術活動を行っています。

(瀬戸内国際芸術祭2016の様子) Photo:Shintaro Miyawaki

大巻伸嗣「Liminal Air – core -」 Photo:Yasushi Ichikawa

今回も、美術、建築、音楽、ダンス、映画、演劇、地域の伝統芸能、食文化など、あらゆるジャンルのアートプログラムが目白押し!

4月26日(金)から5月26日(日)までの31日間にわたり開催される春会期〈ふれあう春〉は、さわやかな気候のもと屋外で楽しめる内容も充実しているようです。

※春会期の主なプログラム(PDF)

また、会場にはこれまでの瀬戸内国際芸術祭で制作された継続公開作品が点在し、そのうち屋外に設置された作品はいつでも鑑賞することができます。

レアンドロ・エルリッヒ「Six Cycles」(2018) ©︎HOW Art Museum(参考画像)

ターニャ・プレミンガー「階層・地層・層」 Photo:Kimito Takahashi

谷山恭子「I’m here.ここにいるよ。」 Photo:Kimito Takahashi

国内はもとより、海外からの注目度も高い「瀬戸内国際芸術祭2019」。現在、公式ホームページでは現地での作品鑑賞に役立つニュースが続々とアップされています。お出かけ前にぜひ一度チェックしてみてください!

(更新日:2019.04.18)
ニュース ー 考える。暮らし、

最新の記事

ある視点