ニュース

能登島のガラス作家・有永浩太さんのランプシェード展が始まります@ 東京・ルヴァン富ヶ谷店

石川県・能登島を拠点に活動するガラス作家の有永浩太さん。2017年に自宅併設の小さなガラス工房「kota glass」を立ち上げ、お皿やグラスなどの食器をはじめ、照明器具、窓、オーナメントといったさまざまなガラス作品を生み出しています。

『雛形』では2015年の秋、能登島で本格的な創作活動を始める前の有永さんを訪ね、土地に根をおろしたものづくりについてお話を伺いました。あれから約4年。生活と制作が密接に関わる環境から生まれるガラス表現を追求し続けながら、全国各地で精力的に展示活動を行っています。

〈INTERVIEW〉思い通りにならない部分を取り入れる。ガラス窯をつくるため、来春、能登島へ移住

そんな有永さんによるランプシェード作品を中心とした展示、「有永浩太のランプシェード in ルヴァン」が、12月13日(金)〜15日(日)の3日間、天然酵母パンの店・ルヴァン富ヶ谷店に併設のカフェ ル・シァレで開始されます。

吹きガラス技法で一つひとつ丁寧に作られたランプシェードは、手仕事ならではの質感とゆらぎがあり、あたたかみのある印象的な空間を演出してくれます。また、今回はランプシェードとともに小さなオブジェも少量ながら並ぶそうです。

一点一点に個性が宿る有永さんのランプシェードやオブジェ。部屋で過ごす時間がちょっと特別になるような作品の数々を、ぜひこの機会に体感してみてはいかがでしょうか。

(更新日:2019.12.11)
ニュース ー 考える。暮らし、

最新の記事

特集

ある視点