ニュース

リアル一寸法師体験ができます! ※たらい舟進水「実験」

観光としてではなく、ほんものの“いなか”を体験し体当たりし楽しむことを教えてくれる、和歌山の地域活性化支援団体「いなか伝承社」
いなか暮らし体験、仕事体験、移住支援などなど、和歌山県の県内各所のヒト・モノ・コトをつなぐため、サポートやコーディネートを手がけています。

そんな「いなか伝承社」のアイデアは、とってもユニークでディープ! オリジナルの視点でいなかのおもしろさを体験させてくれるのが魅力です。
今回募集中のイベントテーマは「リアル一寸法師体験(実験)」です。

image

かつての農業の中で、ため池で実際に使われていた「たらい舟」を発掘し、地域の方からお借りできたことをきっかけに、せっかくなら実際にため池で乗ってみようよ!という企画です。

ですが、単にたらい舟進水実験をするだけではなく、実施場所の和歌山県北部は、紀ノ川によってできた広い平野部に「ため池」がたくさんあることが特徴。そんな“ため池文化”を地域資源として、再確認するというテーマもあるのです!

こちらのたらい舟は、10年以上使われていないので多少水が中に入ってくる可能性があったり、底が抜ける可能性があるので浮き輪が必要だったりと、注意点もありますが、それもまたたのしみのひとつ。

貴重なたらい舟に乗り、漕ぎ棒(竹かしゃもじ予定)でため池をぷかぷか漕ぐ……
そんなリアル一寸法師体験をぜひ!

※残念ながら1艘しかないのでレースはできません。

(更新日:2015.06.13)
ニュース ー 考える。暮らし、

最新の記事

特集

ある視点