ニュース

カラフル&ユニーク!こけしとメキシコのアートがひとつに

宮城県仙台市にあるカメイ美術館にて、2月22日(日)まで「MEXIKOKESHI~メキシコ×こけし=メキシこけし~」展が開中!

MEXIKOKESHI

メキシコのアカプルコ市と仙台市は姉妹都市。展示がスタートした昨年は、支倉常長率いる慶長使節団が仙台藩主・伊達政宗の指示をうけてアカプルコ市に訪問してから400年という記念の年でした。
“こけし”と言えば東北発祥の伝統工芸品。ここで展示されている「メキシこけし」とは、宮城県のこけし工人が挽いた木地に、メキシコの様々な先住民族が現地の手工芸品作りの技法を用いて絵付けした、東北×メキシコの文化がミックスされたこけし。カラフルでユニークな表情をしたこけしたちが並びます。
開催期間中は、ビーズ細工を得意とするウイチョール族によるワークショップや、「日メキシコ交流年親善大使」であり、キャスターとして活躍する政井マヤさんによるトークショーも行われます。館内のショップではメキシコの手工芸品や、メキシコの先住民と日本の伝統こけし工人のそれぞれが制作したこけしの限定販売も行うという、こけしファンにはたまらない内容。雪国・東北に根付く“こけし”が極彩色メキシコアートの息吹をうけて、みせる新しい“民芸”の魅力。ぜひ訪れてみてください!

メキシコケシ
左:先住民ウイチョール族に伝わる神話を毛糸やビーズで表現。中央:サポテコ族の女性職人マリア・ヒメネス氏の作品。右:ゲレロ州のヤシ細工職人さんによるもの。

(更新日:2015.01.07)
ニュース ー 考える。暮らし、

最新の記事

特集

ある視点