ニュース

静岡県・浜松市出身の写真家・若木信吾写真展「XX」開催ーー17冊の本で振り返る、出会っては撮る20年

静岡県・浜松市出身の写真家・若木信吾さんの写真展「XX」(ダブルエックス)が、10月10日(土)から11月3日(火・祝)まで、浜松の鴨江アートセンターにて開催されます。

 

Lawrence Weiner / 2003年

Lawrence Weiner / 2003年

浜松に生まれ育ち、アメリカの大学で写真を学んだのち、1997年に写真家としてデビューした若木さん。当初からドキュメンタリーの手法を用いた撮影スタイルで、東京を拠点にコマーシャルやファッションの撮影で活躍しています。
そんな多忙な日々の中でも、たびたび訪れていたと言う故郷の浜松。そこで仕事、プライベートでも多くの出会いを生み、それを通じて印象的なポートレートを数多く残してきました。

若木さんが13歳の頃から撮り続けた祖父のポートレートをまとめた『Takuji』『young tree』、ウォルフガング・ティルマンス、ジム・ジャームッシュ、ローレンス・ウィナー、坂本龍一、安藤忠雄など、10 年にわたり撮り続けてきたコンテンポラリーアーティストたちの肖像『TIME AND PORTRAITS』など、17冊もの作品として私たちのもとに届けられました。

XX_youngtree2001

young tree / 2001年

2007年には初映画監督作品『星影のワルツ』、2009年に第2作目『トーテムSong for home』、2015年には『白河夜船』(原作:よしもとばなな)が公開され、映画監督としても活躍し、国内外から高い評価を得るなど、若木さん幅広い活躍が、浜松市にも認められ2014年度「浜松市教育文化奨励賞・浜松ゆかりの芸術家」を受賞。2010年にオープンさせた本屋「BOOKS AND PRINTS」も6年以上がたち、浜松の町の本屋さんとして定着し、この土地を代表する欠かせない作家です。

そして、2015年に刊行された最新作『英ちゃん 弘ちゃん』では、15年に渡って撮影を続けてきた幼なじみのポートレートと故郷の風景で構成。その表情や仕草、それを取り巻く空気まで、若木さんの視点や距離感でしか見えないもの。私たちは、そこに刻まれた時間や写し出された記憶の中にひきこまれていくような、情熱を受け取ることができます。

英ちゃん 弘ちゃん / 2015年

英ちゃん 弘ちゃん / 2015年

過去に出版された17冊の作品集を中心に、若木さんが撮り続けてきた「ポートレート」の系譜をひもといていく今回の展示。

浜松という土地、そこで生まれ暮らしてきた記録。故郷の風景。祖父、友だち。大切な人々。自分の中に残る記憶ーーー1枚1枚の写真にこめられている力強さと、にじむ伝言。そこから感じとるものに心揺さぶられながら、あらためて自分と写真の関係を思い起こさせてくれるはずです。ぜひ訪れてみてください。

 

(更新日:2015.10.09)
ニュース ー 考える。暮らし、

最新の記事

ある視点