ある視点

  • “オルタナティブ”に生きるために

    私たちが暮らす「都市」と「地域」。
    その社会をとりまく状況は日に日に速度をあげ、大きく揺れながら変化しています。
     地域活性、地方創生、新しい働き方、過疎化、資本主義経済……
    聞きなれた言葉、見慣れた文字が生活の中で流れていく。
    あらゆる意味で“自然”と共存するには、ほど遠い世界にあるいまの暮らし。
    いま、「なにか違う」「こっちのほうがおもしろそうな気がする」と察知して移動する人たちは、「地域」「地方」「田舎」とくくられる土地に行き着いている。そんな彼・彼女たちの姿を、中沢新一さんはじっと見つめています。
    これからの時代に本当に必要な、いまを動かす、古くて新しい哲学。
    “無意識”の動きに言葉を与える、新しい思考。
    人間の暮らしの“もと”をひも解きながら、
    次の時代を生き延びるための可能性を探っていきます。

    「人類の、たのしい仕事」はじまり、はじまり!

     

    構成:薮下佳代  題字:吉田勝信

“オルタナティブ”に生きるために
中沢新一 (人類学者)

なかざわ・しんいち/1950年山梨県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。現在、明治大学野生の科学研究所所長。民俗学、宗教学、哲学など、あらゆる学問的領域を縦横無尽に飛び越え、しなやかに思考する人類学者であり思想家。著書に『森のバロック』『哲学の東北』『カイエ・ソバージュ』『アースダイバー』『日本の大転換』『日本文学の大地』など多数。