ある視点

  • 「九州・対馬」編

    旅へ出かけ、独自の感覚で
    土地の自然や文化を眺める。
    山伏の坂本大三郎さんは、これまで
    そんな体験を繰り返してきました。

    偶然か必然か今私たちはここにいて、
    それは、明日変わっているかもしれない。
    その可能性は小さくても確かにあります。

    「もしここで暮らしたなら」と想像してみる。
    そこからはじまる大三郎さんの体験記は、
    いつどこに移り住むかわからない私たちにとって
    手引きでもあるのです。

「九州・対馬」編
坂本大三郎 (山伏/イラストレーター)

さかもと・だいざぶろう/山伏、イラストレーター。千葉県出身。山伏との関連が考えられる芸術や芸能の発生や民間信仰、生活技術に関心を持ち、祭りや芸能、宗教思想の調査研究を行う。現在は山形・東北を拠点に自然と人との関わりをテーマに執筆・制作活動をしている。2016年、これまで出会ったモノや本を扱う店「十三時」を山形市内にオープン。著書に『山伏と僕』、『山伏ノート』など。