INTERVIEW

“創造的過疎地”で、
流れに身をまかせながら、
世界に一足の靴を作る

徳島県
金澤光記さん
靴職人
居住地: 愛知県→兵庫県→ドイツ・ブレーメン→神奈川県→愛知県→徳島県
_NMC2086

都心のIT企業が続々とサテライトオフィスを開設して話題を集めた徳島県・神山町。「地方創生のモデルケース」なんて、ちょっと小難しい言葉で語られることもあるこの町に、今年1月、新たな移住者がオーダーメイドの靴店を開いた。

オーナーは愛知県出身の29歳、金澤光記さん。店名は自分の名前にある文字「光」をドイツ語で表現して名付けた「LICHT LICHT KAMIYAMA(リヒトリヒトカミヤマ)」。
かつては電気屋だった店舗の看板をそのまま残して改装したこの店には、地元のお年寄りがふらっと足を運んで、「ちゃんとメシ食っとるか~?」なんて気軽に声を掛けにくる。お客さんと話をしているとつい時間が経ってしまうけれど、「そういうのがいいんですよ」と金澤さん。お客さんの3割は地元住民や移住者たち。一人ひとりの足の形に合わせた、世界に一足だけの靴づくりは評判も上々だ。

「神山で店を開くとは思っていませんでした。でも物件を見たら、この町で仕事を始めるのもいいかなあって。ほら、勝手口の先に大きな桜の木が見えるでしょう。春はあの桜の下で花見もできるんですよね」

取材をしたのは5月のある晴れた日の朝。店の入口からまっすぐにつながる勝手口の外では、桜の木の青々とした葉が風にそよぎ、水入れの終わった田んぼの水面が静かに揺れていた。

現在は奥さんと一緒にこの神山町に住み、工房兼店舗で県内各所から寄せられるオーダーに向き合う日々。目標に向かってまっすぐに走り続けてきた靴職人は、どのようにして神山という土地に導かれていったのだろう。

写真:森本菜穂子 文:根岸達朗